FC2ブログ

福屋八丁堀・終了しました

IMG_20200905_174248.jpg

8回目の福屋八丁堀本店「小暮紀一・林裕子 コアガラス・とんぼ玉装身具展」
本日無事に終了しました。

今年は2月大阪梅田阪神、3月岐阜髙島屋、8月東京西武池袋と百貨店美術画廊での展示会が重なりましたが、ことごとくコロナウィルスの影響もありお客さまの数は例年に比べて少ない展示会となり、それは当然で仕方のない事と受け止めて居りました。 4月から6月の仕事は全て中止になり、先行きの見えない状況が続きましたから、開催して頂けるだけでも嬉しいです。

広島・福屋八丁堀での展示会は、例年通りの日程で開催して頂けることになりましたが、ご案内状も「ご無理はなさらずに、ご負担が無ければ、おついでがありましたら」というお誘い程度のお手紙を添えての発送でした。

思いのほか、多くのご常連のお客さまにお出かけ頂き、毎日楽しく過ごさせて頂きました。また、8年目でも「初めて見ました」というお客さまもいらっしゃり、お買い上げ下さいました方々は「次回も来たいのでDM下さいね」とご住所をご記帳下さるかたが多く、作家としての何よりの喜びを感じております。 新しい素敵なお友だちに恵まれたのも収穫です。 広島の皆さま、本当にありがとう御座いました!
お陰様で、「来年も同じ時期に」とお話を頂き、来年に繋げることも出来ました。
来年はさらにパワーアップした作品を皆さまにご覧頂きたいと、やる気満々です

広島に来て、いつも思うのは75年前の原爆。 私の世代は戦後を感じつつ育った世代です。東京や富山、私の実家本家の高知も空襲にあいました。それでも広島が受けた原爆の被害はそれ以上の恐ろしい体験だったことでしょう。
お友だちや、少し年上のお客さまたちはご家族の思い出の中に、原爆の犠牲となられたかたもいらっしゃるのではないかと思います。理不尽な犠牲のもとに、でも恨むのではなく祈り、許容し、生きてきた強い優しさを感じる広島の皆さま。 私が展示会で広島に毎年来るようになった8年の間にも、台風の被害やあれこれありましたが、出会う皆さまの笑顔、元気な挨拶、労わりの心をいつも感じて、広島と広島の皆さまにはいつも愛情と敬意を感じております。また来年、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。
ご来場くださいました皆さま、お買い上げ下さいました皆さま、フェイスブックやインおスタグラムの投稿に「いいね!」を下さった皆さま、小暮と私の作品を応援して下さる皆さまに、心より感謝致します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふちこま

Author:ふちこま
とんぼ玉作家・林裕子のブログ
◆KOGURE Glass Works
◆ 玉や ふちこま
◆ 林裕子とんぼ玉教室

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR