FC2ブログ

サンキャッチャー・入門キット登場



KOGURE Glass Works オンライン・ショップに、サンキャッチャー・入門キットが登場しました。
前回ご紹介したキット、うまくできるか不安なかたは、まずこちらをお試しください。

このキットはワイヤーを切る必要がなく、必要な工具はペンチ、平ヤットコなど「つぶし玉」をつかんで潰すことが出来る工具だけご準備ください。100円ショップなどで販売されている、簡単なもので十分です!なるべく先端の細いものをえらびましょう

packS-moji.jpg
S-kit.jpg
パッケージの包み紙の裏面に、「作りかた」があります。
材料は全てはいっています
・ヘッドのクリスタルカットボール S 20㎜ 1個
・とんぼ玉 1個 (色柄はお任せで)
・クリスタルカットビーズ 10個 (色、形、大きさはお任せで)
・つぶし玉 10個 (失敗したときのために、1,2個余分に入れてあります)
・ナイロンコートワイヤー 1本(約 20㎝)
・カニカン(取り付け用フック金具)

s-1.jpg
ヘッドのボールにワイヤーを通し、先端がつぶし玉から 5~10 ㎜出ている状態まで引っ張り、つぶし玉をペンチなどではさんで潰し、ワイヤーに固定する。 いきなり力いっぱい潰すのではなく、最初は軽く潰してなるべくワイヤーがつぶし玉の真ん中くらいにくるように調整するときれいな仕上がりになります。

s-2.jpg
小さいビーズ、とんぼ玉、小さいビーズの順番で通し、つぶし玉を入れてしっかり固定。

s-3.jpg
残りのビーズを2,3個ずつ4つのグループに分けて、それぞれのグループの両端につぶし玉を入れながら、①から順番にワイヤーに通していく。最後はつぶし玉、カニカンの金具になるように。

s-4.jpg
ワイヤーの先端が 5~10㎜ほど出るようにワイヤーを引っ張り、つぶし玉を固定。

s-5.jpg
④のグループの中にワイヤーの先端が隠れるようにして通し、つぶし玉を固定。

s-6.jpg
残りのスペースを調整しながら位置を決めて、①~③のグループもつぶし玉を固定して完成。

S-sample.jpg
好きな場所に、ビーズのグループの隙間にカニカンをひっかけて取り付ける。

toritsuke-ex.jpg
太陽の光が差し込む室内の窓辺や、車などに飾って虹色のきらめきをお楽しみください。
車内でのご使用は、運転者の目の邪魔にならない場所に取り付けるよう、ご注意ください。
ガラス製につき、振り回したり人や物にぶつけないよう、ご注意ください。

下記サイトにて、他の種類のサンキャッチャーキットも販売中

Kogure's Online Shop

↑ ↑ ↑
コロナウィルスの感染拡大防止のため、おうちで楽しくお過ごしください、少しでもお役にたてましたら幸いです

#サンキャッチャー #ハンドメイドキット #おうちで過ごそう



サンキャッチャー・カラーキット・テキスト補足

ML.jpg
sc-text.jpg

KOGURE Glass Works 
<サンキャッチャーの作りかた> テキストの補足です
手作りキットの中にはイラストを用いたテキストが入っていますが、初心者のかたにはわかりにくいかもしれない部分について補足のためにブログにアップします。 テキストと合わせてご覧ください。
カラー・シリーズの「Mレインボー・キット」で製作しています。

tools.jpg
<ご用意ください>
・タオルやビーズ用マットなど
細かいビーズが転がらないように布地の上で作業します

・ラジオペンチ、ヤットコなど
つぶし玉をはさんでつぶし、ワイヤーに固定するための工具です

・ニッパー
ワイヤーをカットするのに使います。ハサミでは刃こぼれする危険があります
ニッパーを用意できない場合は、ワイヤーをカットせずにそのままの長さで使いましょう

・ものさし
無くてもだいじょうぶですが、30cm程度のものさしがあると便利です

<キットに入っているもの>
◎クリスタルカットボール(M30㎜またはL40㎜)1個
◎ワイヤー約80㎝1本/つぶし玉約20個/カニカン1個
◎カットガラスビーズ(クリア)1パック(3種20個入)
※カラーガラスビーズ1パック(4㎜ 24個 +7㎜12個)
※とんぼ玉1個+3㎜真鍮ビーズ2個 
*18㎜クリスタルカットビーズ1個+4㎜クリアビーズ25個

カラーキットには、◎+※が、クリアキットには◎+*が入っています
下の画像はカラーキット(レインボー)です
rainbow-set_20200707205549a5b.jpg


<作りかた>
naraberu.jpg
まず、通す前にタオルなどの布の上にビーズを並べてみましょう。
出来上がりの画像やテキストのイラストを参考に、大体のイメージで並べていきます。
ワイヤーに通しながら変更しても良いので、おおまかにイメージをつかみます。

テキストのイラストを参考に、ワイヤーの中央にクリスタルボールを通し、左右に小さめのビーズを3~5個入れます。
ワイヤーを2本まとめてつぶし玉を入れて、工具で平たくつぶしビーズが動かないようしっかり固定します。
(仮に並べたものとビーズの色合いを逆にしてみました。このように、つぶし玉を固定する前なら何度でも通し直してだいじょうぶなので、いろいろ試してみてください)
howto2.jpg

引き続き、ワイヤーを2本まとめたり1本ずつに通したりしながら、15㎝ほどの長さまで通していきます。
ワイヤーの1本ずつに通す箇所は、上下につぶし玉を入れてしっかり固定します。
ワイヤーを引っ張りながら2本のバランスを確認しましょう。

つぶし玉は多めに20個以上入っているので、ビーズの間のアクセントとして使うこともできます。l
下の画像では、クリア・カラーのビーズが続く場所に、アクセントとしてつぶし玉を入れてみました。
howto3.jpg

下の15㎝ほどまで通してつぶし玉で固定したら、上の15㎝ほどは、ワイヤーの隙間を作りながら固定します。

howto4.jpg
まずは残りのビーズを全て通してみましょう。 ビーズをワイヤーに固定するために、上下にかならずつぶし玉を入れます。
画像のようにつぶし玉を2個ずつ入れることになりますね

howto5.jpg
仕上がりの長さを考えながら、隙間を1~5㎝で調整して下から順番につぶし玉をかしめて固定していきます
最後のビーズとつぶし玉は、固定せずに次の作業に進みます

howto6.jpg
最後のビーズと上下のつぶし玉はまだ固定されていません
この状態でカニカン(取り付けるためのフック)を通します

howto7.jpg
カニカンの下のつぶし玉に、ワイヤーを通します
このつぶし玉にはワイヤーが4本入ることになります

howto8.jpg
ワイヤーを強く引きすぎると、カニカンが動かなくなってしまうのですこし隙間をあけてつぶし玉を固定します。

howto9.jpg
固定したつぶし玉の下、5~6mmくらいでワイヤーをカットします。
ニッパーなどの工具が無い場合は、カットせずに先端ぎりぎりでつぶし玉を処理しましょう。

howto11.jpg
最後のビーズとつぶし玉を上部まで動かし、カットした切り口がビーズの中に隠れるようにします
これで、イラストの赤丸で囲んだつぶし玉を最後につぶして固定し、完成です。

窓辺のカーテンレールなどに通して、カニカン(フック)のつまみを引き隙間にワイヤーを通すといろいろな場所に手軽に飾ることができます。
howto10.jpg


今日は曇りですが、晴れた日にはガラスのカット面に太陽の光が反射してきれいですよ!

風水でもこの丸いクリスタルボールを使ったサンキャッチャーは幸運を呼び込む、悪いエネルギーを拡散させるなどのアイテムと言われています。 出来上がったサンキャッチャー、大切なかたへのプレゼントにもいかがでしょうか?
キットはナチュラルカラーの小さな箱にいれてお届けしますので、そのままギフトボックスとしてもお使い頂くことができます。
(ワイヤーを折り曲げず、くるくる巻いて箱にいれるようにご注意ください)
suncatcher-box.jpg

rainbow-set_20200707205549a5b.jpg
rainbow-beads.jpg
common-beads.jpg

今回使用したキットは「サンキャッチャーM・レインボー」キットです。
ビーズはすべてガラス製のカットガラス。5種類の形・大きさがありカラーシリーズは56個、クリアは45個のビーズが入っています。
色々な組み合わせで世界にひとつの素敵なサンキャッチャーを作ってくださいね!

tonbodama.jpg
カラー・シリーズには当工房で製作したとんぼ玉が一つ入っています。
ガラスビーズの色に合わせたものを選んでお入れします。
カットガラスの輝きと、とんぼ玉の温かみのあるガラス工芸、あわせてお楽しみ頂けましたら幸いです。

今回使用した「レインボー」の他に「ブルー」「グリーン」「パーブル」「シック」「クリア」などの色があります。
トップの玉はM30㎜とL40㎜の2種類をご用意しました。40㎜はかなりボリューム感があり重たいですが、取り込む光が格段に大きくなります。丈夫なステンレスワイヤーを使っているので切れることはありません、安心してお使いください。

コロナウィルスの影響で、お出かけできずに退屈している皆さまに、少しでも楽しんで頂けましたら幸いです。
Let's enjoy staying home!

双魚のとんぼ玉

DSC_4200.jpg

お魚のとんぼ玉を作り始めました

青い海に遊ぶ、熱帯魚やくらげ・・・ のような素敵なとんぼ玉を作るかたは多いです
金魚や鯉もよくあるモチーフですね

私にとって今、一番身近な魚は

DSC_4214.jpg

↑ 夫が育てている淡水魚のアクアリウムです



筋を入れたガラスの棒を作り、ちまちまと数ミリのヒレを作って張り付けて引っ掻いて
モザイクで作るよりも、1匹1匹の個性が出てけして同じにならないところが面白い!

少し潰した楕円形の、両面にお魚の模様が入っています。
「双魚(そうり)」は、《遠来の客が置いていった2匹の鯉 (こい) の腹中に手紙があったという「古楽府 (こがふ) 」の故事から》手紙の意味があるそうです。また、子宝に恵まれる「子孫繁栄」の吉祥紋でもあります。

コアガラスの鉢作り



前のブログから1か月も空いてしまいました。
教室・体験教室は今月一杯はまだ休止していますが、製作は続けています。

有難いことに十数年前に大変お世話になった盆栽屋さんから、「時間があるならまた鉢を作って欲しい」とのご注文を頂き、
数年ぶりにコアガラスの製作を再開しております。
棒ガラスをバーナーで溶かして作業するのはとんぼ玉もコアガラスも一緒ですが、まぁ難しいこと!
どんな失敗が多いかというと、作業の途中でガラスが型から剥離していってしまうのが多いです。
出来上がった後に割れてしまう危険も、とんぼ玉の比ではありません。
でも、楽しい~ 10年前よりも良いものを作れるよう、試行錯誤しております。

JPEG4272.jpg
202005core.jpg
↑これが、「コア(核)」 金属パイプにスチールウールを巻き付けて好みの形を作り、離型剤を塗って電気炉で焼きます

右のとんぼ玉は、ループタイに仕立てる予定です。 

8月以降、百貨店での展示会のご依頼も数件入っております。
新規にカタログ通販の会社とのお取引も始まります。
今、出来ることを前向きに! 
来る仕事に感謝し、少しでも皆さまに喜んで頂ける作品を生み出すことができるよう精進します。

インターネット展示室&ショップ開設



新型コロナウィルスでの被害に際し、最前線の医療現場で頑張ってくださっている皆さまに、心より感謝申し上げます。皆さまとご家族に被害がでないよう、お祈りいたしております。
感染拡大防止のために緊急事態宣言を受けて、日本橋丸善ギャラリーで予定していました展示会は中止になりました。 
出来ることは何でも協力せねばなりません。 富山の工房での体験教室・通常の教室も、しばらくお休みさせて頂く方針です。

つまり、夫婦そろって作家活動している我が家の収入、4月・5月は絶望的。
自分で選んだ道ですから、仕方ないですね。 不平不満・泣き言は言わずできることを探しましょう。

小暮も私も、百貨店やギャラリーでの展示・販売会を中心に活動しています。 期間後にお客さまから工房に直接お問合せを頂いた場合も、もう一度お店に作品を戻し、そちらで購入して頂く、というスタンスを守ってきました。
しかしながら、今は展示会を開催することが出来ません。 安直かもしれませんが、「インターネットの展示会」、ネット通販サイトを開設しました。 新型コロナウィルスが落ち着き、また皆さまに直接わたしたちの作品をご覧頂くことが出来るまでの臨時措置として、まずは1か月半の期間限定でお届けいたします。
需要があるのかわかりませんが、外出できずに退屈していらっしゃるかたの、気晴らしにでもご覧頂けましたら幸いです。
そして、少しでもお買い上げ頂くことができましたら、非常に助かり、今後も色々とアップしていく励みにもなります!

まだ作業途中ですが、全て現品のみの1点物の作品です。
BASE という通販サイトを使用していますが、うまく稼働するのか? ドキドキです

蜻蛉玉丙午・KOGURE Glass Works ショップサイト

   ↑↑↑ クリックしてくださいね

フェイスブックやインスタグラムでフォローして下さっている皆さまへ、「応援ありがとうクーポン」をご用意しました。
ダイレクトメッセージにてクーポンコードをお知らせ致します、どうぞご利用下さいませ。
販売期間は5月末日ですが、クーポンのご使用期限は4月末日です、ご注意ください。

蜻蛉玉丙午Facebookページ
KOGURE Glass Works Facebookページ
インスタグラム林裕子@kogureglassworks

それにしても今後この新型ウィルスによる影響はどこまで広がるのでしょう?
贅沢品・無くても生活には困らない物を作る私たちは、危機には非常に弱い業種です。 今までもリーマンショックや震災などのたびに「大丈夫か?」と心配になりましたが、おかげさまで何とか持ちこたえてきました。 今回は世界中が大きな経済的なダメージを受けています。 私たちの工房、大げさでは無く廃業の危機です。 生き残りをかけて出来ることには積極的にチャレンジします。
応援よろしくお願いいたします!
プロフィール

ふちこま

Author:ふちこま
とんぼ玉作家・林裕子のブログ
◆KOGURE Glass Works
◆ 玉や ふちこま
◆ 林裕子とんぼ玉教室

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR