Latest Entries

嬉しいことが -「ミズイロノタビ」さんで紹介されました

とても嬉しいことがありました

「林さんのとんぼ玉が紹介されているブログを見つけましたよ」と、お友だちに教えて頂きさっそく拝見。

ミズイロノタビ

日本と世界を旅しながら、感じたことや出会った人とのことをていねいにつづった若いかたのウェブサイトです。

「群馬県草津温泉のGo To トラベル体験記!「地域共通クーポン」を使って「草津ガラス蔵」で林裕子さんの美しいとんぼ玉を購入した」というタイトルでの記事に、きれいに撮られた画像と動画入りで、私のとんぼ玉が掲載されていました。

林裕子さんのとんぼ玉はぼくの心にダイレクトに共鳴してしまうような、古代的で日本的で伝統的で、美しい色彩感覚に満たされた他にはない作品だと感じられた-

という文章に始まり、富山のガラス美術館で作品を見ていただいたこと、その時には購入したい玉が無かったものの、世界観を忘れられずにいたこと、草津で出会った玉を2つお求め頂いたことがつづられていました。

作家として感無量です。  
私の作るとんぼ玉に何かを感じ、お買い求め下さるかたがいる限り、私は作り続けて生きていける!
作る気持ちに背中を押してもらえたような嬉しい記事でした。

そしてこの「ミズイロノタビ」さん、の旅行記は本当に興味深いです。
Go to トラベルを使った国内旅行の記事も参考になりますが、それ以上に世界各国への旅が面白い!

世界中の人々と交流しながら日本が世界で尊敬されていると感じ、日本文化を築き上げて来た人々と、礼儀正しくふるまってきた先人たちへ感謝しつつ、自分が愚鈍であったならば自分だけでなく「日本人というのは愚鈍だ」と思われてしまう危険があり、なるべく聡明であるべきだという意識も素晴らしい、頼もしい若者です。

たくさんの記事、とても数日では読み切れそうもありませんが、ブックマークして時間があるときに楽しみたいと思います。



富山大和・作品展のお知らせ



小暮 紀一 ・ 林 裕子  蜻蛉玉丙午設立25周年記念作品展

会場:富山大和5階 コミュニティギャラリー
会期:2021年1月13日(水)― 19日(火) 最終日は午後5時まで

小暮が蜻蛉玉丙午を設立し25年、私もガラス工芸を始めて25年になりました。
四半世紀をガラスと共に歩んでこられました事、応援して下さる皆さまのお陰と、
心より感謝申し上げます。

初日と土、日は終日、それ以外は毎日午後13時半~ 林が会場に居ります。
マスクを着用しあまり近付きすぎない距離を保って、接客させて頂きますのでご了承下さい。

富山県のコロナウィルス感染状況は、11月中旬以降は1~5人以内ですが毎日のように確認されてます。
気を引き締めて皆で感染拡大防止に努めていきましょう。

とんぼ玉・出張講習会

taiken-senter1.jpg

富山市のふるさとづくり推進協議会の事業として、安野屋地区センターでとんぼ玉体験教室を開催しました。
出張講習会は数年ぶり!

taiken-senter2.jpg

コロナウィルス感染予防のため、広い会場を用意して頂き、机や椅子の間隔を十分にとって準備。
参加者の皆さまには、事前に検温と手指のアルコール消毒にご協力頂きました。

2020taiken2.jpg
2020taiken3.jpg

説明とデモンストレーションを見て頂いたあと、参加者17名様、順番に1つずつ製作して頂きます。
男性の参加者も多く、ガラス棒の色について、模様の見え方について、色々な質問が出ました。

DSC_4982.jpg

出来上がった玉は、工房に持ち帰り、翌日お仕立てしました
ストラップ、ネックレスなど4種類の中から、ご希望に合わせて

sakuhin1.jpg

素敵な作品が完成しました。

ガラスを溶かしてとんぼ玉を作るのは、とても楽しい作業です。
これからも多くの皆さまに体験して頂き、ガラスの魅力をお伝えできればと思います。
ご参加下さいました皆さま、安野屋公民館スタッフの皆さま、ありがとう御座いました!


熊本鶴屋百貨店で開催中!



昨年に続き2回目の九州・熊本での展示会です。
コロナウィルスの影響で、6月の予定が9月に延期となりましたが、4連休を迎える良い時期に予定を入れて頂きました。
美術画廊ではなくリビングフロア、上りエスカレーター前の広い催事スペースで展示しています。

2020tsuruya1.jpg
2020tsuruya6.jpg
2020tsuruya8.jpg

6階の催事場ではイタリア展が開催中。
上の階に行く前にお立ち寄り下さり、ヴェネチアンビーズのアクセサリーと見比べてから改めてご購入を決めて下さるかたも多く、ありがたい事で御座います。

小暮紀一・林裕子 とんぼ玉とコアガラス展
  ■ 2020年9月16日(水)~22日(火)
  ■ 鶴屋百貨店 本館5階リビング特設会場

全日、林が会場に居ります。技法の説明や、とんぼ玉を使ったアクセサリー仕立の実演をしております。
その場でご希望のとんぼ玉をネックレスやブレスレットに、お仕立を承ります。

福屋八丁堀・終了しました

IMG_20200905_174248.jpg

8回目の福屋八丁堀本店「小暮紀一・林裕子 コアガラス・とんぼ玉装身具展」
本日無事に終了しました。

今年は2月大阪梅田阪神、3月岐阜髙島屋、8月東京西武池袋と百貨店美術画廊での展示会が重なりましたが、ことごとくコロナウィルスの影響もありお客さまの数は例年に比べて少ない展示会となり、それは当然で仕方のない事と受け止めて居りました。 4月から6月の仕事は全て中止になり、先行きの見えない状況が続きましたから、開催して頂けるだけでも嬉しいです。

広島・福屋八丁堀での展示会は、例年通りの日程で開催して頂けることになりましたが、ご案内状も「ご無理はなさらずに、ご負担が無ければ、おついでがありましたら」というお誘い程度のお手紙を添えての発送でした。

思いのほか、多くのご常連のお客さまにお出かけ頂き、毎日楽しく過ごさせて頂きました。また、8年目でも「初めて見ました」というお客さまもいらっしゃり、お買い上げ下さいました方々は「次回も来たいのでDM下さいね」とご住所をご記帳下さるかたが多く、作家としての何よりの喜びを感じております。 新しい素敵なお友だちに恵まれたのも収穫です。 広島の皆さま、本当にありがとう御座いました!
お陰様で、「来年も同じ時期に」とお話を頂き、来年に繋げることも出来ました。
来年はさらにパワーアップした作品を皆さまにご覧頂きたいと、やる気満々です

広島に来て、いつも思うのは75年前の原爆。 私の世代は戦後を感じつつ育った世代です。東京や富山、私の実家本家の高知も空襲にあいました。それでも広島が受けた原爆の被害はそれ以上の恐ろしい体験だったことでしょう。
お友だちや、少し年上のお客さまたちはご家族の思い出の中に、原爆の犠牲となられたかたもいらっしゃるのではないかと思います。理不尽な犠牲のもとに、でも恨むのではなく祈り、許容し、生きてきた強い優しさを感じる広島の皆さま。 私が展示会で広島に毎年来るようになった8年の間にも、台風の被害やあれこれありましたが、出会う皆さまの笑顔、元気な挨拶、労わりの心をいつも感じて、広島と広島の皆さまにはいつも愛情と敬意を感じております。また来年、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。
ご来場くださいました皆さま、お買い上げ下さいました皆さま、フェイスブックやインおスタグラムの投稿に「いいね!」を下さった皆さま、小暮と私の作品を応援して下さる皆さまに、心より感謝致します。

Appendix

プロフィール

ふちこま

Author:ふちこま
とんぼ玉作家・林裕子のブログ
◆KOGURE Glass Works
◆ 玉や ふちこま
◆ 林裕子とんぼ玉教室

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR