柏髙島屋4日目



展示会で出張することが多く、バーナーに向かう時間が足りません。実演2日間で、持ってきたビーズ類はほとんど使い切ってしまいました。かといって残り日数を無駄にするのも勿体無いので、ずっと考えていたことを実行!
「埃及」の首飾りを解きました。

三大美女+αをテーマにしたギャラリー田中「真夏の夜の夢」展
この首飾りを制作したのは2011年の夏。仕立てるのに時間がかかったので、壊すのは惜しい気持ちもありましたが、多くの展示会で皆さまにもう十分ご覧頂いたし、今と比べると技術不足に思える部分もあり、このまま展示し続ける意味はもう無いかな、と迷い続けていました。関井さんのマスクと一緒に撮影して頂いた画像もあるし、もういいですよね。
解いて気持ちもすっきり!5連のネックレスでしたから十分たくさんのビーズが手に入りました。

2015050210410000.jpg

今月の小暮個展に賛助出品するために、小暮の玉をトップにしたネックレスを仕立てたかったのです。まずはレース文様の帯留で。
重く穴が大きいのでトップだけ2連にしました。バランスをとるのが予想していた以上に難しく、諦めようかとも思いましたが、仕立ての時間は十分あるので何度も組み替えて2本の長さを調整して、思い描いていた通りに組むことができました。

明日のブログで次のコラボレーション作品もご紹介できると思います。

コメントの投稿

非公開コメント