富山大和・北陸新幹線開業記念 富山ガラス作家協会展



先日ご紹介した富山大和でのグループ展、本日搬入して参りました。
画像は林裕子のコーナーです。今回は個人の展示スペースの他に、「富山をイメージした作品」と「花器」という2つのテーマ作品を全員が出品しています。
テーマにそった制作というのは私、苦手です。
富山らしいテーマというと売薬さん、立山、ライチョウ、鰤を初めとする海産物?
どれも私にとってはガラスで制作したいと思うテーマでは無いので苦戦しました。

それで選んだのが「雪」と「水」です。
富山は全国的・世界的に見ても降雪量の多い都市であり、その雪が豊富な水となり美味しいお米や海産物など生み出しています。その自然の恵みである雪と水に感謝を込めて「Snow & Water」というシリーズを作ってみました。
2015030115080000.jpg2015030115080001.jpg

無色透明なガラスで作った金平糖形のビーズをつや消し加工して雪を表現、その下に透明なしずくを付けました。
ペンダントやイヤリングも作りましたが、今回のメインはピンブローチです。男性でも女性でも身に付けられる形なので、富山のお土産としてもお求め頂けたら、と思っています。 パッケージも少しお洒落してみましたが如何でしょうか?
お土産としての価格を考え、お値段も税込\1944 チェーン付で\3240と押さえています。

企画制作:蜻蛉玉丙午にしたのは意味がありまして。
今回は私が全て制作しましたが、受注量が増えたらうちの工房で修行中、もしくは卒業した若い作家さんたちの収入源にしてあげられたら、と思っているのです。技術に応じて包装、制作、仕立てなどの仕事を下請けしてもらうシステムが作れないかと。
ガラスの仕事で食べていくのはとても大変。蜻蛉玉丙午では研修生たちに体験教室や細かい仕事を請けもらい収入の足しにしてもらってはいますが、安定した仕事が保障されている訳ではないのでアルバイトをしながら学ぶ日々です。アルバイトが忙しくて毎日は工房に来られない子も居ます。ガラス作家を志す若い子たちに、少しでも技術を磨きながら収入を得る糧にならないかしら、とデザインしてみました。お取扱頂けるお店を募集します、どうぞ応援を宜しくお願い致します!

コメントの投稿

非公開コメント