蓮華文様のトンボ玉


先月川越での展示会の折に、DMに使った赤い蓮華文様の玉をトップにしたネックレスが欲しいというご注文を頂いています。この玉で組むのは初めてなので、どうなりますことやら。
なんとなく思い浮かべるイメージのまま、ビーズをたくさん作りました。これから仮組みに入ります。

展示会のときによくご質問を受けるのが、「ネックレスを組むときに色や形も違うビーズをたくさん使っていますが、これは最初からイメージして玉を作るのですか、それともたくさん作りためたビーズを使って組んでいくのですか?」
ネックレスはイメージが先にあって、それに合わせたビーズを1から作ります。もちろん全て使えるわけではなく、色と柄は良いけれどちょっと大きいかな・・・ などという場合が多く、それをノギスで測ってンmm小さく作りなおす、というような事が多いです。色合いを統一したものや定番のものは効率良く作ることができますが、多色使いのもの、特に初めてトップに使う玉の場合は時間がかかります。
そしてネックレスではじいた玉たちは貯めておいてブレスレットなどに組みます。

さて、今回の仮組みはすんなり上手くいくのでしょうか、ドキドキワクワクです。

コメントの投稿

非公開コメント