水玉模様またの名をドット柄



トンボ玉を作りこんでいると、どんどん柄が緻密になっていく傾向があります。
それは純粋に楽しい作業でもありますし、「ここまで出来るようになった!」という達成感や「どう?私って結構ヤルでしょ?」という見せびらかし・・・それより「プロなんだから趣味の方には真似の出来ない技法を使わなければ無意味なんじゃない?」という焦燥があったりもします。
そんな自分に嫌気がさすワケでは御座いませんが、時々とってもシンプルな玉が作りたくなります。
私にとって好きな技法で最も簡単、単純なのは色+白の水玉模様(またの名をドット柄)です。縞模様も好きですがこちらは気を抜くと線が拠れたりまがったり、気合を入れないと作ることができません、それはまた今度のお話で。
2014110120280000.jpg

仕立てもシンプルに、白いTシャツにブルージーンズ、のような普段着に似合うデザインにしてみました。
革紐でネックレスを仕立てるときには通常カニカン、もしくはニューホック、Cカン、カツラといった市販の留め金具を使いますが、今回はガラス部分以外は真鍮ワイヤーだけで仕立てました。
お好きな色はありますか? 私は蜜柑色と銀杏色がお気に入りです。

コメントの投稿

非公開コメント