阪神梅田・3日目-仕立てのお話

2014052017540000.jpg

阪神梅田での二人展、3日目は午前中お客様が少なく静かで、仕立て作業が進みました。画像のチェーンネックレス、「とんぼ玉は大きくて重くて苦手」という方にも人気があります。10年以上前にも時々SV925のチェーンを使って仕立てることがありましたが、今はゴールドフィルド(14/20GF)という素材を使っています。
普通の金メッキに比べると20倍ほどの厚みでK14を熱圧着させているので、メッキが剥げて汚くなる、ということがありません。メッキの安っぽいチェーンを使うのが嫌だったのでこの素材はとてもありがたいです。価格はSV925に比べると高いですが、K18の無垢素材に比べるとお手ごろ価格です。
ビーズの部分には細いワイヤーを束ねてナイロンコーティングされた素材を使っています。
2014061310190001.jpg2014061310270000.jpg2014061310290000.jpg

チェーンの端にワイヤーを通し、つぶし玉で留めてつぶし玉カバーを付けます。
留金とアジャスターを付けて、端にビーズの飾りを付けて完成!
2014061310420000.jpg

実演テーブルで作業しておりますので、ご興味のあるかたはお声掛け下さい。必要なパーツはチェーン、丸カン、つぶし玉、つぶし玉カバー、引き輪、Tピン。もっと詳しく知りたいかたは、蜻蛉玉丙午のワークショップ「装身具・アクセサリーコース」にご参加下さいね^^

今日の小暮作品はゴールドバンドの帯留。長さがあってスッキリしたデザインです。
2014061118180000.jpg

コメントの投稿

非公開コメント