桜のとんぼ玉



桜の季節が来ましたね
これは小暮がかなり前に作った桜のとんぼ玉。 なぜ今まで残っていたのかというと、玉のサイズの割に穴が小さく、太い組紐を通すことができなかったから。 大きな玉に細い紐では、バランスが悪く貧弱に見えるし、肩にかかる重みも増してしまいます。装身具は身に着けることでより素敵に見えなければ意味がない!カジュアルなら革紐やコットンの紐、フォーマルな装いに合わせるなら正絹、チェーンの場合はせめてK14GFかSV925、素材や色、バランスを考えながら仕立てるのは楽しいです。
真鍮のパーツを使って変わった仕立てにしてみました。桜色の正絹組紐を通して、この季節にピッタリのエレガントなネックレスになりました。 岐阜高島屋に連れて行きます♪

コメントの投稿

非公開コメント