Pinkですよ!

今年の林は、新しい色合いにチャレンジが続いています。
ピンクですよ! しかも今まで「苦手」と公言して憚らなかった鮮やかな桃色、マゼンタピンクです。
幼い頃には好きな色だったはずですが小学校高学年の頃には「ピンクが似合うのは色白の可愛い女の子。私には似合わない」と諦めていたような気がします。 だから身に付けるものはもちろん、身の回りの小物ですらこの色は選ぶことがなく、苦手になっておりました。 お客様からご要望があればサーモンピンクや珊瑚色など、オレンジがかったピンクを中心に仕立てることはありますが、マゼンタ系のピンクは材料が高いこともあってほとんど使ったことが無いのです。

今回はまずピンク系でビーズをたくさん作ってからトップの玉を選ぶことにしました。私の作ったとんぼ玉の中には似合う色合いの玉が無く、ゴールドとピンク系の小さなビーズだけで仕立てようかと思いましたが、子供っぽく軽くなってしまうような気がして・・・ 今ひとつ。時間切れでお蔵入りになるところでしが、小暮のとんぼ玉を合わせてみたらバッチリです!



ピンクだけれど甘すぎず大人の女性に似合うデザインで組むことが出来ました。
苦手を克服できたような気がして少し嬉しいです。
でもね~ 夫婦合作も良いですが、次はトップの玉もピンクで作れるようになりたいものです。

薔薇のネックレス



数年ぶりにモレッティのガラスで薔薇のパーツを引き、大きなとんぼ玉に使う前に小さめの玉で試作。あら、小さな玉のほうが可愛らしいかしら、と淡い色合いのネックレスに仕立てました。十年以上前にもこんな色合いで組んでいた時季がありましたが、その頃に比べると小さなビーズの模様や形、色にもバリエーションが増えて、楽しいネックレスになっているのではないかと思います。
ゴールドサンドイッチの金平糖玉も、普段よりも小さなサイズで作りました。たくさんの色を使っていますが淡い色合いに押さえていますし、軽くてしかも頭からかぶることのできる長さは年配のかたにも身に付けやすいかと思います。

Yellowflowerneck2015.jpg

こちらは先日のブログでご紹介した賑やかなネックレス。遊び心のついでに小さな黄色い小鳥、緑の葉っぱなども入れてみました。単色で仕立てるよりも多色使いは何度も組み替えてバランスをとっていくので、仕立てに時間がかかります。でもその作業がたまらなく楽しいので御座います♪♪♪