作品撮影と、画像の加工

2018reishuhai-mikomi.jpg

お客さまからのオーダーで小暮が制作した、蕎麦猪口型冷酒杯です
白・金レース文様はやはりきれいですね。
お渡しする前に、ご了承を得て写真をとらせて頂きました。 ライトも使わず、教室開催中の机のすみっこで撮影、
の割にはきれいに撮れたのではないかと自画自賛。
最近老眼が進行して、デジタル一眼の窓を覗いても、ピントがどこにあっているのか見えていない・・・

201804reishu1.jpg

       

201804reishu3.jpg

DMハガキに使うなら、一枚の画像に横からの姿と、見込みの文様も入れたい!
「フォトショップを使って、画像を丸く切り抜き周辺をぼかして、もう一枚の画像に配置する」
ちょっとコツがわかったようで、嬉しいです。
行いたい作業をネットで検索しながら、ぼちぼち練習しています。
カメラももっと使いこなして上手に撮影できるようになりたいなぁ

教室の話題「インスタ映え」



教室の生徒Tさんのお嬢様がご結婚だそうです。若いかたの明るい話題、良いですねー、私たち中高年女性も楽しく明るい気分にさせて頂きました、おめでとう御座います、どうぞ末永くお幸せに!
別の生徒Kさんが、ご結婚のお祝いを制作しました。 せっかくだから可愛くラッピングしましょうよ!その前に撮影~ となりました。 テーマ「インスタ映え」テクニック。
私も得意ではありませんが、自分の作品の撮影も致しますので、少しはコツがわかっています。真上から撮ると立体感がなくのっぺりしてしまうので、横もしくは斜めからの撮影。ちょっとした小道具も添えると女子受けするかしら、グリーンの葉っぱとかリボンとか。洋書なんかも良いわね、とおしゃべりしながらスマホで簡単な撮影会。

ところで、左奥にちらっと見えているミントの葉、実は造りものです。

じゃじゃ~ん!

2018mint.jpg

なんと、ボールペンです! 先日納品に行った富山キラリの2F 富山ガラス美術館ミュージアムショップで見つけました。
お花や実がついている物もあるんです。 玄関の一輪挿しに飾っておいて、「サインを下さい」って配達の時に抜いて使ったらウケませんか? 

富山大和・明日最終日



第5回富山ガラス作家協会展
■ 2018.3.21~27(最終日は18時閉場)
■ 富山大和5階アートサロン

地元作家の様々な技法によるガラス作品・400点ほど展示販売しております
この機会に多くのお客さまにご高覧頂けるよう、よろしくお願い申し上げます

DSC_1450.jpgDSC_1444.jpgDSC_1446.jpgDSC_1440.jpgDSC_1460.jpgDSC_1459.jpgDSC_1457.jpg2018ichigoichie.jpgDSC_1454.jpg