第4回富山ガラス作家協会展



先日投稿した「日本橋とやま館」でのイベントと同じく、「富山ガラス作家協会」の活動です。

■第4回 富山ガラス作家協会展
■2017年3月8日(水)~14日(火)
■富山大和 5階 アートサロン

【特別企画】~地域の皆様に感謝を込めて~
ご来場の皆さまに抽選券をプレゼント。 お好きな作家作品が当たるチャンスが!
詳細は会場にて。

富山のガラス作家のレベルの高さは、近年全国のガラス愛好家の皆さまにも評判です。 宙吹き、型吹き、キルンワーク、コールドワーク、バーナーワーク、様々なガラス技法で制作したガラス作品を、この機会に地元・富山の皆さまにご高覧頂けましたら幸いです。

「富山ガラス」のご紹介



画像は「日本橋とやま館」のFacebookページから拝借しております。

2月19日(日)まで『とやまブランドのルーツを探る7日間』に参加しています。
蒔絵の野球バットの手前部分が林の根付、奥に見える花器や酒器は富山ガラス作家協会のかたの作品で、一緒に「富山ガラス」というブランドで出品させていただきました。

enginetsuke1.jpg

私の仕事は、個展や二人展、グループ展で作品を発表することが多いですが、こんな風に少量の展示も入ってきます。
ご依頼主とのやりとりや資料の作成、フォームに合わせて値札の用意や梱包、出荷作業・・・ 手間を考えると儲けには繋がらないであろう仕事もありますが、出来る範囲でお受けしています。
今回は「とやまブランド」を紹介する展示。 「富山ガラス」が100年後には高岡銅器や井波彫刻のように富山の伝統的工芸品の一つになるかもしれない、その時代を私は見ることが出来なくても礎を作る小さな一部にでもなることが出来たら意味があるかな、などと思っています。

ブームは続くよ



木曜教室、ピンブローチ作りのブームはまだ続いています。
レベルも上がっています! 今日ご紹介している作品も全て生徒さんのものです。

ichoupin.jpg
blunchpin.jpg

DSC_0001 (3)

もちろんトンボ玉やコアガラスも取り組んでいます。課題やカリキュラムを定めずに、各自好みやレベルに合わせて楽しんでいます。 このクラスは7名、長いかたは10年以上、短いかたもいつの間にやら3年以上になりました。